最新作『無人地帯 No Man's Zone』(2012)
〜福島第一原発事故、失われゆく風景、そこに生きて来た人々〜
第62回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品作品
DVD 2月20日より発売!amazon.co.jp 配信はこちら

7/02/2014

「解釈改憲」は【あってはならない】のではない、論理矛盾で【あり得ない】 のだ


なにが気持ち悪いって、「解釈改憲」なる言葉が日々新聞紙面に踊り、ネット上を飛び交い、テレビから流れて来ることくらいに心の底から気持ち悪いことも、近頃めったにない。

いったいどこの大バカものがこんなバカげて意味が通らない言葉を知ったかぶりで捏造したのか知らんが、もし安倍晋三とそのオトモダチたちが「解釈改憲をやるんだ」と言っているのなら周囲の人間は諌めるどころか嘲笑するか叱りつけて「勉強し直して来い」と追い返すべきだし、もし誰かが安倍が集団的自衛権に関してやろうとしていることを「解釈改憲」と批判したのなら、その時点で議論終了だとはっきり安倍に言ってやればいい、いや言うべきだった。

「解釈改憲」なんてことは【あってはならない】のですらなく、そもそも論理矛盾で【あり得ない】ことなのだから、考えるだけ無駄だ。

なのにその後もまったく馬鹿げた話に時間や税金やメディアのリソースを無駄遣いするのは…日本は原発事故があって、原子力発電を再開するのかどうかを決めなきゃいけないんですよ?そんな電気の浪費を許していいのか?

はっきり言って、集団的自衛権に関しては、反対していると称する人すら、こんな当たり前のことをなぜ誰も言わないのかが謎だし、本当に反対なんですか、と疑いたくすらなって来る。

繰り返すが「解釈改憲」なんて言葉は論理矛盾そのもので、まず単純にあり得ないことでしかない。憲法の条文に反するのなら、そこから論理的に導き出せることでなければ、そんなの「解釈」とはそもそも言わない。というわけで議論終了、はいさようなら。

…と本当にこれで済ませればいいはずだし、具体的な話はもう昨年の8月に、とっくにこのブログで書いているから繰り返すのもウンザリなのだが、もう一度。

日本国憲法第九条は、国権の発動としての戦争と武力の行使を禁止している。自衛隊があるのは国の自衛権のためではない。自衛権と言えども国の自衛権なら「国権」だからだ。ならばそれを理由に軍事力を行使してはいけない、と憲法には明記されている。
自衛隊の存在と活動が憲法の枠内で許されているのは、国の自衛権は行使できないが国民には自然権として当然正当防衛の権利、つまり自衛権がある。これは憲法では一切制約されていない(よほど特段の理由がない限り、制約してはいけない)。 
国の自衛権では決してなく、あくまで国民の自衛権を肩代わりして国民の生活と生命と財産の安全と自由を守る、国家の自衛ではなくあくまで国民の自衛のための軍事力としてのみ、自衛隊はその存在が許されている。

これが自衛隊が設置されて以来ずっと、内閣法制局による9条の解釈だ。「憲法解釈を変える」という話を議論するのに、元の解釈がまず明示されないこと自体、狂っている。

…というか狂っているのは今に始まったことではない。 
ほとんどの日本人が、政治家も含めて、なぜ9条があるのに自衛隊が合憲になるのか、その憲法解釈を知らないまま疑問にも思わず、今はこの元の解釈を知らないから安倍晋三内閣ごときの詭弁に手玉にとられているのだ。

では同盟国などが攻撃されたか、自衛の先制攻撃で戦争を始めた際に、自衛隊を出せるのだろうか?普通に考えて、答えは一瞬にしてNOだ。

同盟国ということは国どうしの関係であり、集団的自衛権とは国の自衛権の行使を個別でなく集団で、という話でしかあり得ない。ところが日本の場合、国の自衛権(国権の発動)で軍事力は行使してはいけない、と憲法に明記されている

よって集団的自衛権に基づく武力行使はNG、違憲。

だいたい個別自衛権VS集団的自衛権、という言葉の選び方と議論の設定からして、ミスリーディングなのだ。「個別自衛権」と言ってもそれは日本という国の「個別」ではない。この点では反対している人たちの多くも言っていることがおかしいし、なぜ憲法解釈の問題で憲法の条文それ自体を持ち出さないのか、理解に苦しむ。本当にやる気があるのか?

大前提としてはっきりさせるべきなのは、集団的自衛権の行使を可能にする解釈を、日本国憲法からひねり出すのが可能かどうかだ。

普通にどう考えても論理的にあり得ないし、安倍晋三が反論したい、「『集団的自衛権』を認める憲法解釈を」と言うのなら、その解釈を憲法条文からちゃんと論理的に導き出さなければ、そもそもお話にならない。

今まで一切、その肝心の解釈の理論を出して来てない以上、安倍政権も外務省も防衛省も、準備すらしていないのだし。

だからこんな議論はやっても無駄、で本来なら話が終わらなければならない。まともな法治国家なら議論するだけバカバカしい、というだけで済む。まったく国会も、内閣法制局も、最高裁もなにをやっているのだ? 国会議員たちなんて、憲法すら論じられない立法府とは、悪い冗談にもならない。

わざわざ軍事オタクの自民党の二世だか三世がのこのこ出て来て、よく分かってもいない安全保障政策を論ずるフリを演ずるまでもなく、これはまず第一義的に憲法の問題なのだから、あくまで憲法に則った論理的解釈を闘わすのが出発点でなければおかしい

安倍たちが現実にありえない具体的な事例を15だか8つだか出して来たことは、その事例が馬鹿げていてまったく具体的でも現実的でもない以前に、まず論点がズレている。

そんな議論を始める前に、どうやったら9条の条文から導き出される合理的解釈で集団的自衛権による軍事力の行使が許されるのか、まずその解釈をきちっと示すこと。話はそれからです。で、それはどう考えたって論理的に無理です。お話の順番が完全にひっくり返っているじゃないか、まったく。

今日のエントリーは最初、「まともな議論が出来ない国民の『集団的自衛権』論議』と題するつもりだった。
まあ「解釈改憲」なんて言葉を書くだけで、自分でもバカバカしくなってしまうのだし、その言葉を読んだだけで失笑して、最初から終わっている話なので、読まずとも内容が題名で分かる方が親切だろう。

だいたい、あり得ないと分かり切っている「解釈改憲」を許すか許さないかなんて議論すること自体、最近安倍ちゃんが大好きな「法の支配」の意味すら分かってない愚論であり、もう単純に恥ずかしい。なにが「美しい国」だ?

ひたすら無自覚に馬鹿を曝け出しているその痴態が単純に生理的嫌悪感すら及ぼすのが、この「集団的自衛権」をめぐるすったもんだだ。

だからますます腹が立つのだ。いつまでこんなみっともない、まったく美しくない真似を続けるのか?

集団的自衛権の行使を制約する三つの要件だと高村さんたち与党が言っていることに至っては、本気で言っているのならただのバカだけに危険過ぎるし、わざとなら極めて悪質かつ危険な詐術だ。

自衛権による武力行使が認められるのが「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」場合というのは、イラク戦争やアフガン攻略で米国のブッシュ・ジュニア政権が持ち出した、先制攻撃による自衛の権利という暴論以外のなにものでもない。

これは集団的自衛権の容認以上に危険な内容だ。ドサクサで紛れ込ませたとしたらあまりにもひどい。

まさにイラク戦争が好例なように、こんなことが自衛権による武力行使の要件になるなら、どんな言いがかりでもつけて「自衛権の行使」と称して先制攻撃で戦争を始められてしまう

たとえば尖閣諸島周辺の接続水域、つまり日本の主張する国境に基づいて中国側の領空領海に中国艦船や人民解放軍機が展開しただけで、これまで領海領空が侵犯されなければ自衛隊による対応が許されなかった制約もなく、「自衛」の名の下に攻撃が出来てしまう。

つまり「なんでもあり」で事実上いつでも戦争を始められてしまうし、より直近では、要は中国にいつでも戦争が仕掛けられる条件を、安倍政権はまんまと手に入れたことになる(といって日本国内の法的制約に過ぎず、無論国際法的に認められることではない)。

こっちの方が集団的自衛権よりもさらに問題も危険性も大きいことに、なぜ野党もメディアも誰も気づかず、自民党を批判しないのか?

だが不正直さと不真面目さ、論理的思考も現実の認識分析もすっ飛ばした感情論による誤摩化しが気持ち悪いし腹も立つのは、安倍晋三らいわゆる推進派だけではない。

反対派を称する人が日曜には新宿駅前で抗議の焼身自殺を諮り、一昨晩からは首相官邸でデモもやっているそうだが、自分の足で行動するのはけっこうなことだとは言え、熱意や悲壮感の発露もいいが、その前に少しは勉強くらいしてはどうか?

なぜ集団的自衛権に賛成するにも、反対するにせよ、憲法の条文をちゃんと踏まえて議論しないのだ?

こと反対ならば、「この条文ではどう読んでも不可能です。反論があるならどうぞ」とまず言わなければならなかったはずだし、これだけでほぼ確実に安倍晋三の子どもじみた野心は終わりになる。

「戦争に巻き込まれるのは」以前に、こんな解釈になってない解釈が通るはずがないし(なんたって「解釈改憲」ですよ、そんな論理矛盾そもそもあり得ない←しつこい)、もし通してしまったらおよそ立憲国家の政治家や政治ジャーナリストの資格がない。というか、「解釈改憲」=「ありえない」と気づいていないだけでも、野党も自由報道協会も含めて全員クビ!

いやなに、安倍さんはただ、自民党の歴代首相が出来なかったことを「ボク出来たもん」と自慢したいだけなのだし。

いやなに、デモに行ったりする人たちの真剣な思いは出来れば疑いたくはない…のだが、とはいえこっちの方でもさすがに、もう三度目ともなると、未だになんの学習能力もないやり方を繰り返しているのに、今さら信じろというには無理がある。

なにしろもう三度目の、敗北主義に彩られた「国会ないし官邸前デモ」、最初から勝つ気がないのか、と思われても仕方がないやり方しか出来ていないのだ。

その1)「反原発」と言いながら、大飯原発の再稼働が既定路線になってから「さいかどーはんたーい」と踊り出しただけで、なんとなく電力が足りなさそうだ的なことを匂わすだけの政府に対し「ならばまずきっちりと電力の供給能力データと需要データを出せ、議論はそれからだ」とは誰も言わなかった。だいたいいずれ原子炉を再稼働させようとするのは想定の範囲内だし、それが夏の需要が増える時期になるのは理の当然なのだから、半年前には需給データの精査を要求していなければ阻止なぞできない。

これで勝てるわけもなく、再稼働の前日に悲壮感たっぷりに国会前だか官邸前でみんなで涙を流し… 
…って、あれは自己陶酔のためではなかったのですか?本気で阻止する気なら、少しは考えるべき戦略というものがあるだろう?

その2)特定秘密保護法案に反対するデモが昨年にはあったわけだが、あろうことか始まったのは参院での議論が膠着してからだ。またもや阻止するにはあまりに遅過ぎるし、しかも法案の問題点がどこにあるのかも指摘できない(おそらくはよく分かってない)杜撰さで「言論の自由がなくなる」とか…

僕らなんかは同業者の一部に、「映画が作れなくなりますよ」とまで言われた。いやすみませんねえ、最初から官庁から機密情報を映画のネタ用にリークして頂けるなんてこと、僕には滅多にありませんし、そんな国家機密を暴露する映画を作る予定もない。僕らにはまったく関係ありませんから。
というか、あなた自分が反対している法案の中身を知らないで反対してたんですか、ってな具合である。

その3)今度は集団的自衛権でも、デモをやるならまず立ち上がるのが遅過ぎる。国会が終わって、直接的に安倍達を止める手段がなくなってからやっとだ。しかも子どもでも気がつく楽勝の理論武装が本来ならあるのに、なぜ言わないのか?「9条の条文を読んで、どうやったらそんな解釈が可能なのか説明して下さい」、安倍晋三に対する殺し文句はこれで済む。

国会の議論がぐちゃぐちゃになっている時にデモかければそれなりの効果があったはずだし、今回だってなんに反対しているのかはっきりさせなきゃ、安倍晋三程度なら論破できるくらいの理論武装をしておかなければ、デモの意味がないでしょう?

これは考えるのもイヤなことだが、考えざるを得ない仮説がある…というかフロイトとか精神分析理論でも援用すればすぐに出て来る結論である−−原発の再稼働にしても、特定秘密保護法にしても、そして集団的自衛権にしても、反対を称する人たちも実は本音か、あるいは無意識・無自覚には、それらが必要だと思っているのではないか?

実は必要だと思っているから、自分は反対したという言質というかエクスキューズ作りをやっているだけではないのか?

本気で反対なら、議論に勝つ理論武装は必要なわけで、まず憲法の条文くらいは最低限でも読むだろう?というわけでハイ復習。

1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

で、この条文をちゃんと読めば、ここで僕が(このブログだけでも二度目に!)書いたことくらいすぐ思いつくはずだ。どうへ理屈をこねようが、集団的自衛権を認める解釈はあり得ない。

だいたい「抑止力」とかいう冷戦時代の時代遅れの安全保障論を持ち出しているのも、違憲なのだ。「武力による威嚇」は禁止なのだから。

仮によく考えなかったから思いつかなくても、だいたい僕が既に書いていることです。無料で読めるブログなんだからどんどん利用して下さって構いません。 
自分たちではうまく言える自信がないなら、論客だかオピニオン・リーダーとして利用したいんだったら、どうぞ僕を支援して、有名な知識人かなにかに祭り上げて下さいな。 
そしたら安倍さんに面と向かって言ってやりますよ、「まず9条の条文をどう読んだら『集団的自衛権』による武力行使が認められ得るのか、それをお答え下さい」。 
これで安倍さんが答えられなければ終了、夜遅くまで官邸前でたむろってる必要もないから、みなさんお家に帰りましょう。せっかく官邸前に来たんだから残って祝杯あげたい人はどうぞ。遥かに楽ではないか。どうせ安倍は答えられないんだから。

実は反対だ、自分は反対なんだ、と言わないと右翼みたいに思われるのがイヤで反対と言っているだけなのではないか? 本当は9条をきちんと守って、専守防衛で国民の生命と生活と財産の安全を守る場合だけ武力を行使出来るという自衛隊では、みなさん実は不安なんじゃないですか?

もしそうならば「解釈改憲」なんてそもそもあり得ない論理倒錯はもちろん、反対派のフリなんてやめて、ちゃんと憲法を改正する議論を始めて下さい。

なんちゃって、本気で日本の安全を守りたいのなら、そんな話もまた必要ないのである。

そもそも今の東アジアの現状で、戦争が始まるとしたら始めたがっている国はほぼ確実に安倍晋三の日本国だけだ。他の国は戦争なんて今始めるメリットがないと分かっている(いや日本だってなんのメリットもないのだが)し、むしろ絶対に避けたい。

東アジアは今や世界で最大規模にして最強の経済圏である。

その商売を守り、自国の経済の安定に結びつけることが、どの国にとっても最大にして最優先の国益なのだ(北朝鮮だってそれは変わらない)。戦争なんてもっての他なのだ。

尖閣諸島?あれは日本がナゼか一生懸命中国を挑発して既に完敗している(野田の国連演説に対し中国外務省が「戦後の国際的な法秩序は第二次大戦の結果に基づく」と報道官のコメントで済ませただけで、議論は終了中国の圧勝)、から「落とし前は付けて下さい」と言われているだけだし、仮に中国があの島々を自国が支配したいのなら、国際司法裁判所に持ち込みさえすれば、まず勝てる

それにアメリカだって巻き込まれたくない(日米安保により集団的自衛権を行使して日本を防衛する義務がある)から、あそこで軍事衝突が起こることを許さないという態度を貫き、「戦争を起こすな」と中国ではなく日本に対して、繰り返して牽制して来ている一方で、中国には既に国際司法裁判所に持ち込むのなら賛成する、とすら伝えている。

国務省と国防総省は今後万が一、またイラク戦争のような事態になったときには便利だから、日本の集団的自衛権を一応歓迎のポーズはとらざるを得ないが、現政権にとっては中国に不信感を抱かせるだけなので(習近平に「ほんとうにあの日本をなんとかしてくれませんか。アメリカの子分なんでしょう?」とまた言われるし)、むしろ迷惑がっている。4月のオバマ来日でも、それは彼の態度にはっきり出ていた。
だいたい中国の本音は一貫して、あの島々は日本が今のまま領有してくれた方が都合がいいのだ。 
日本が領有権を放棄でもしたら、今せっかく良好な関係を築き経済の要になった台湾と、国のメンツをかけた大げんかを始めざるを得なくなり、中国全土のあらゆるビジネスをうっちゃって、たかが無人島のために台湾海峡が緊急事態、ということにすらなりかねない。

集団的自衛権を憲法解釈の変更で認める(というのは条文を見る限りどうやっても不可能)にせよ、改憲で9条をいじるにせよ、そんな必要がない東アジアの現状で、今そんなことをやれば、周辺諸国の不安と疑心暗鬼を買うだけだ。それこそ安全保障リスクそのものである。

本気で日本という国を守りたいのなら、こんなもん賛成しちゃいけないのである。こんな話、安全保障政策としてもまったくの無駄どころか害悪しかない。

なお「他国の戦争に巻き込まれる」から反対というのは、それはそれで正しい主張ではある。

まったく安倍晋三とその周囲は嘘しかつけないのか、言ってることが嘘だと分かってないのか、そこへ行くと自民党の高村さんなんかは自分が嘘をついていることが顔に書いてある状態でテレビに写っていた。政治家があんな顔をしたらその政党には二度と投票してはいけない、という知恵すら我々日本人は失ってしまったのだろうか? それとも自分達が本当は共有している嘘を、自分達が言わずに済む、政治家が全部肩代わりしてくれることに安心出来るから、支持するのだろうか?

集団的自衛権とは、ヴェトナム戦争やアフガニスタン侵攻、イラク戦争のような事態、あるいはユーゴ紛争の際にNATO諸国がサラエヴォを空爆したような戦争行為に、日本も参戦することである。それ以外の意味は、「集団的自衛権」という概念にはまったくない。つまり、日本と日本人の安全に関係のない場所で、他国の自衛権のために戦争をやること、有り体に言えば「他所の戦争に巻き込まれる」ことだ。

外務省と自民党にとって、湾岸戦争に参戦出来なかったこと、イラク戦争でブッシュ・ジュニア政権に「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」と恫喝されて水道工事に自衛隊を派遣し失笑を買ったことがトラウマなのは分かる。だが、ならばそういう戦争に参戦できるよう憲法解釈…は条文があの内容である以上無理だから、憲法を変えます、となぜはっきり言えないのだろう?

まるで美しくないです。どこが「日本は美しい国」なのか? 日本は本来なら「嘘つきは泥棒の始まり」とみなす文化伝統がある国ですが、あなた方のやっていることはつまり、日本を泥棒国家同然に貶めることでしょう?

こんな詐欺のなにが「法の支配」なのか?だいたいあまりに稚拙ですぐバレる嘘を繰り返してしまう、その頭の悪さが二重に恥ずかしい。なのにそれを指摘しないで反対派のフリをしていることもまた、同様の偽善に見えて来る。 
こうした政府と政権の欺瞞を、なぜ野党も識者もメディアも「嘘はやめましょう」とはっきり言わないのか? 
反対デモはなぜ「安倍晋三よ、嘘はやめろ」と言わないのか?

日本の外交的発言力は確かに、現状あまり高くない。それを軍事力の有無、戦争が出来ない憲法を持っていることのせいにしたがる人たちも多く、そんな人たちもまた集団的自衛権に賛成しているのだろうが、これも完全な勘違いだ。

日本の外交的発言力が低いのは、説得力がないからだ。なぜ説得力がないのかと言えば、言っていることがヘンだから、というのがいちばん大きい。

「解釈改憲で集団的自衛権を使えるようにします」なんてバカなことを言ったら、ますます「日本はなんでこんなおかしなことしか言わないのだろう?」と思われるだけだ。

2 件のコメント:

  1. 匿名7/07/2014

    stupid liberal nuthead.

    返信削除
    返信
    1. ネットウヨクさんが必死で出来もしない英語で知ったかぶり、ご苦労さんですが綴り間違ってますw

      削除